オーダーステッキ専門店ラカッポの木取り

ラカッポでは、「木取りとは何か?」をとてもよく理解することができました。村山さんは、重厚長大(一枚板)が良いのではなく、その木の特徴を掴み、その木の魅力を最大限に引き出してあげることができる腕を持って材を扱うことができるかが一番大切な事であると力説していただきました。そして出会うことができた最高の木取りの数々です。

木取り

木取りされたステッキ

木取りされたステッキ

このタモ玉杢凄いんです。

タモの玉杢が活かされたステッキ

タモの玉杢が活かされたステッキ

そしてこちら。樹種名はちゃんと確認ができていませんでしたが、恐らくカシミールインドローズウッドです。

カシミールインドローズウッドのステッキ

カシミールインドローズウッドのステッキ

私はこれらのステッキを目の当たりにした時、「木が生かされている」とか「木が生きている」とかごく当たり前の表現を通り超え、「生き物そのものだ」っと思ってしまいました。木取りとは、木に魂を宿らせ、最高の演出で新たな活躍の場を与えてあげることなのかもっと思いました。それが真の木取りであり、その木取りができるためには職人としての経験はもちろん、良い事も悪い事も様々な人生経験が無いとできないっと思ったのが、私の素直な感想です。

オーナーの村山さんは、京都の老舗銘木商で修行を詰まれた方です。様々な数寄屋部材を扱われ、茶室を語らせたら右に出る人はいないというほど多くの知識を保有され、様々な知識の中から何が正しいのか?をもの凄い深堀されている方でもあります。

茶室の世界は、言葉では言い表しきれないほど繊細な世界で、銘木に限らず様々な部材を空間の中に無駄なく収めていく緻密な感覚とセンスが必要とされます。あえて言葉で表現するのであれば、「厳しい先眼力を持ち合わせたしなやかな遊び心」だと思います。

オーダーステッキ専門店ラカッポの木取りについてのご紹介は以上です。次に、オーダーステッキ専門店ラカッポの象牙細工についてご紹介いたします。

オーダーステッキ専門店ラカッポの象牙細工

オーダーステッキ専門店「らかっぽ」を訪問

東京新木場にあるオーダーステッキ専門店「ラカッポ」を訪問してまいりました。朝9時に新木場で待ち合わせのお約束をオーナーの村山さんと事前にさせていただいたのですが、村山さんに迎えに来ていただくなんて図々しい事はできないので直接新木場の店舗を訪問。早すぎても失礼になると思い朝9時少し前に到着。夕方前に門前仲町へと場所を移動し、気が付けば時間は18時過ぎ。9時間以上お話をさせていただきました。詳細は以下のページでご紹介しています。

オーダーステッキ専門店「らかっぽ」を訪問

一枚板関連リンク

一枚板比較では、一枚板購入前に知っておくと便利な基礎知識杢目の種類一枚板に利用される樹種の種類日本全国の一枚板販売店検索一枚板販売店訪問記についてまとめています。