旧覆堂(中尊寺)

金色堂覆堂です。正応元年(1288年)の棟札によって、鎌倉幕府によって金色堂の修復が行なわれ、覆堂が建てられたと考えられてきました。最近の調査では、金色堂建立後50年ほどで簡素な覆屋根がかけられ、増改築を経て室町時代中期に現在の形になったとされています。昭和38年(1963年)の新覆堂の建築にともないこの場所に移築されています。

金色堂覆堂内部では、昭和37年(1962年)から7年間にも渡り行なわれてきた金色堂の修復工事の様子を撮影したドキュメンタリ映像が内部で放送されていました。この映像を見ると、金色堂内で使われている材料などを把握することができます。



旧覆堂(中尊寺)

旧覆堂(中尊寺)

旧覆堂(中尊寺)

旧覆堂(中尊寺)

旧覆堂(中尊寺)

旧覆堂(中尊寺)のご紹介は以上です。次は大長寿院(中尊寺)をご紹介いたします。大長寿院(中尊寺)

中尊寺を訪問

世界遺産岩手県平泉にある金色堂内にある紫檀と象牙を見るためと、各お堂内で使われている無垢材等を確認するため中尊寺を訪問してきました。中尊寺内部にある月見坂東物見台弁慶堂地蔵堂薬師堂本堂本坊表門峯薬師堂不動堂大日堂旧鐘楼讃衡蔵金色堂経蔵旧覆堂大長寿院釈迦堂弁財天堂能楽殿白山神社を訪問しました。

中尊寺を訪問


さんもく近江銘木(株)を訪問

岩手県一関にあるさんもく近江銘木(株)を訪問してきました。訪問取材とあわせ、一関木材流通センター、世界遺産の中尊寺毛越寺達谷窟毘沙門堂奇跡の一本松古民家カフェまんまるや(cafe manmaruya)cafe徳蔵AKG Sound Design(AKG工房)もあわせて訪問してきました。詳細は以下のページでまとめています。

さんもく近江銘木(株)を訪問

一枚板関連リンク

一枚板比較では、一枚板購入前に知っておくと便利な基礎知識杢目の種類一枚板に利用される樹種の種類日本全国の一枚板販売店検索一枚板販売店訪問記についてまとめています。