新発田屋木材倉庫の和室

新発田屋木材倉庫の和室

新発田屋木材倉庫事務所内にある和室です。一枚板や古材のコレクターにはちょうどよいサイズの無垢材が沢山展示されていました。展示だけでなく、全て値札が付いた売り物でもありました。茶室といえば数寄屋師。宮大工、町屋大工、数寄屋師の違いについては、数寄屋師(数奇屋大工)とはのページでまとめています。一枚板というとウォールナットなど外材が好まれる傾向が強いですが、私は表情豊かな国産材の方が魅力に感じます。

和室

新発田屋木材倉庫の和室

新発田屋木材倉庫の和室

新発田屋木材倉庫の和室の次は、和室の目の前にある事務所をご紹介いたします。

新発田屋木材倉庫の事務所

新発田屋木材倉庫

新発田屋木材倉庫は、一枚板展示販売ギャラリー木材倉庫屋外屋内)、端材売り場和室事務所に別れます。それぞれの場所を実際に訪問してきましたので、以下のページでご紹介いたします。

新発田屋木材倉庫を訪問


株式会社新発田屋を訪問

新潟の株式会社新発田屋を訪問してきました。新発田屋は、木材倉庫、材木店・製材所、無垢フローリング専門店、建築部の4つの部門に分かれており、今回は一枚板、古材を目的に訪れたため、木材倉庫材木店・製材所の2箇所が訪問目的の場所となります。

株式会社新発田屋を訪問


一枚板販売店訪問記

一枚板販売店訪問記では、実際に訪れた一枚板を販売している家具店一枚板専門店材木店・銘木店についての情報をまとめています。実際に様々な店舗を訪れたり、インターネットを通じて一枚板を購入してみるとなぜか感じるのが、販売店によって一枚板に特徴があるという点です。その特徴が具体的に何なのか?という点を分かりやすく説明するのは難しいのですが、一枚板を販売する気持ちや想いの特色が、一枚板に乗り移っているような感覚が私にはあります。一枚板は唯一無二な全てが一点モノの無垢材という点は、一枚板を販売する世界中にあるお店に共通する点ですが、訪れる店舗によってそのお店の特徴が出るのは、一枚板を仕入れたり、作り上げたり、販売したりする人の気持ちや考え、方針の違いのためなのだと思います。本ページは、一枚板を購入する側の立場で、実際に訪れた店舗にて、写真撮影をさせていただいております。お店に訪れる前の雰囲気の確認などでご活用ください。

一枚板販売店訪問記