材木店・銘木店で一枚板を購入する際のメリット、デメリット

材木店・銘木店で一枚板を購入する際の魅力は、価格が安いという点です。ただし、価格が安ければ安いほどデメリットとなるポイントも隠されていたりもします。実際に材木店から様々な一枚板を購入してきて感じたメリット、デメリットについて以下にまとめます。



材木店・銘木店で一枚板を購入する際のメリット、デメリット

材木店・銘木店で一枚板を購入する際のメリット、デメリットをまとめると、以下のような内容となります。

メリット

  • 価格が安い。
  • 国産の樹種を多く取り扱っている。
  • 工務店とのつながりが強く、新築、リフォーム時など要望の融通が効きやすい。

デメリット

  • 未乾燥の状態で販売されている一枚板もあり、自ら状態を十分確認する必要がある。
  • 無垢材のまま販売されているため、辺材にトゲがあったり、木の表面がザラついていることがある。
  • プレーナー、サンダーなどで加工を依頼したり、塗装を依頼すると、その分の工賃が発生してくる。
  • 幅が広く長さのある無垢材は、自ら並行を出すのが難しいため、材木店への加工を依頼することになる。

材木店で一枚板を購入する際のメリット、デメリットについては以上です。次ぎに工務店で一枚板を購入する際のメリット、デメリットについて以下のページでまとめてみたいと思います。

関連記事:工務店で一枚板を購入する際のメリット、デメリット

一枚板のメリット、デメリット

一枚板というと、天然の原木から作られたテーブルというイメージがある人が多いかと思います。普段日常生活において、購入する商品が壊れてしまうというのは、誰もがショックで避けたい出来事だと思いますが、無垢材でできた一枚板は生きています。生きているということは呼吸をしており、呼吸をしているということは、人間が作り上げただけの無機質な商品と違い変化が発生します。一枚板無垢材で、世界にたった一つしか存在しない唯一無二な商品であるという大きなメリットもあればデメリットもあります。一枚板を購入する際には、デメリットも十分理解した上で購入する必要があります。

関連記事:一枚板のメリットとデメリット


一枚板を購入できる場所とそれぞれの特徴と価格

一枚板を購入する際、初心者だと真っ先に脳裏に浮かぶのが家具屋や一枚板専門店です。インターネットでも注文することができますが、一枚板の購入検討を行ないながら様々なサイトや店舗を見ていると気になるのが、価格の差がものすごい大きいという点です。様々な家具店や一枚板専門店へ実際に足を運び、一枚板を目の当たりにしながら購入してきたのと、インターネットを通じて価格が安い一枚板を実際に注文してみた立場でいろいろな気づきがありました。詳細については、以下のページでまとめています。

関連記事:どこで購入する?一枚板を購入できる場所とそれぞれの特徴と価格


一枚板購入時の基礎知識

一枚板が通常の家具と大きく違う点は、無垢材で出来ているということです。無垢材で出来ているという事は、割れや反りなどが発生する可能性があり、その変化も楽しめることが、通常の家具と異なる一枚板の特徴でもあります。割れたり反ったりした場合、修理してくれる家具店や一枚板専門店もありますが、もともと工務店などに対して一枚板を販売しているような材木店や銘木店は、「一枚板は、必ず変化するもの。」という前提条件のもと小売販売を行なう店舗も沢山あります。一枚板を購入するということは、割れや反りが発生するものという点を必ず理解した上で、購入する事がとても大切になってきます。自然のままの素材である無垢材で出来た一枚板は、「触れたり眺めたりすると自然のパワーを感じる。」という方もいれば、「世界にたった一つしかない完全オリジナルな家具。」という点に魅力を感じる方も多くいます。でも、そんな魅力的な一枚板を実際に購入しようとすると、「どこで購入できるのだろう?」、「どんな種類があるんだろう?」、「含水率って何?」、「割れや反りが発生しない一枚板って無いの?」、「価格が安い無垢材から自ら塗装まで仕上げられないの?」といった沢山の疑問が出てきます。一枚板を購入する側の立場で、いろいろと疑問に思った事などを自らの体験談をもとに、一枚板購入前の基礎知識としてまとめてみました。

関連記事:一枚板購入前に知っておくと便利な基礎知識

一枚板関連リンク

一枚板比較では、一枚板購入前に知っておくと便利な基礎知識杢目の種類一枚板に利用される樹種の種類日本全国の一枚板販売店検索一枚板販売店訪問記についてまとめています。