大きさによる原木(げんぼく)の呼び名の違いについて、桧(ひのき)の原木を例にご説明いたします。

原木の呼び名について

原木の呼び名について

原木の呼び名について

小径木(しょうけいぼく)

  • Aは、小径木(しょうけいぼく)と呼びます。
  • 原木丸太の末口(すえくち)が径15~20センチメートル。
  • 芯持ちの柱(一般材)取り丸太を指します。

※A以下の径材は、チップ、パルプ材に向けられます。

中目木(なかめぼく)

  • Bは、中目木(なかめぼく)と呼びます。
  • 原木丸太の末口(すえくち)が径18~30センチメートル(通称)。
  • 尺(30、3センチメートル)丸太を指します。
  • 母屋(もや)・桁(けた)・丸太の側(がわ)で貫材(ぬきざい)・棰木(たるき)など羽柄材(はがらざい)

大径木(たいけいぼく)

  • Cは、大径木(たいけいぼく)と呼びます。
  • 原木丸太の末口(すえくち)が径40~60センチメートル以上の材を指します。
  • 径30センチメートル以上、40センチメートル未満を尺上(しゃくかみ)材とも言います。このクラスの原木は、挽く目的に合わせ、カウンター材、板物材、四方柾角材、柾盤(まさばん)等、あらゆる材に適合します。
  • 大径材を別名、役物(やくもの)丸太とも言います。
  • よくある質問と回答

    Q:役物(やくもの)とは何ですか?

    A:役物とは節が無い材、良質材の事を言います。材木屋で役物を扱っているといえば無節を中心に、例えば長押(なげし)・鴨居(かもい)・巾木(はばき)など造作材の高級品も指します。

    Q:節の数によってランクがありますか?

    A:節の数の小さな順に、小節(こぶし)、上小節(こぶし)と表記され、その上が無地(むじ:節が無い)となります。今言っているのは、平面でのランクで、角材(かくざい)では、4面ある内の1面に節があれば、3面無地1面小節などと呼ばれ、各節の出方で呼び名が多種に渡ります(例:3面上小節1面無地、2面小節2面上小節など)。

    ※注意:輸入材の規格、日本材の規格、樹種によっては、規格表示が異なりますが、現在日本で流通されている一般的な表示を記しています。

    原木(小径木、中目木、大径木)についてのご紹介は以上です。続いて板取り製材についてをご紹介いたします。

    原木の製材について

    原木の製材について、原木(小径木、中目木、大径木)板取り製材杢目(もくめ)をバランス良く挽き直す術に別けてご紹介いたします。

    原木の製材について


    ”木のいろはにほへと”わかりやすい木のお話し

    木喰虫一枚板比較では、木を愛してやまない方々の為に、もっとわかりやすく”木のいろはにほへと”と題して、木について解説するコーナーを新設しました。

    50年近くも木に携わって来た方(木喰虫さん)のお話しです。普段聞けないお話しも飛び出すかもしれません。

    ”木のいろはにほへと”わかりやすい木のお話し