一枚板の含水率の計測方法

含水率とは、一枚板無垢材の中に含まれている「水の量」のことです。割れや反りなどが発生しづらい一枚板の含水率は15%以下です。気乾状態を過ぎた一枚板の含水率は、15%以下から低下し安定した状態となってきます。含水率28%の繊維飽和点から、含水率15%の気乾状態の間、つまり一枚板の含水率が28%から15%の間にあり、かつ28%に近い含水率の一枚板は、変形する可能性がとても高くなります。一枚板の含水率を測定するためには、含水率計が必要となってきます。

一枚板の含水率の理想値

一枚板の反りや割れは、伐採された木の中に含まれる水分が乾燥して蒸発していく過程で発生します。木の組織には、内膣と細胞壁があり、伐採前の両組織は、自由水と結合水で満たされています(飽水状態)。伐採直後の木は、少しずつ内膣から自由水が抜けていきます(生材状態)。そして、やがて内膣から自由水が完全に抜けきった含水率28%の状態となります(繊維飽和点)。細胞壁から結合水もやがて蒸発し無くなり、周囲の湿度とバランスが取れた含水率15%の状態となります(気乾状態)。そして、長い年月をかけて人工乾燥が進むことで、内膣と細胞壁に含まれる水分が完全に蒸発します(全乾状態)。一枚板の反りや割れは、一枚板に含まれる含水率が28%の状態である繊維飽和点と、含水率が15%の状態である気乾状態の間で発生しやすいとされています。詳細は以下のページでまとめています。

関連記事:一枚板の含水率の理想値と反りや割れが発生する原因

含水率の計測方法について

一枚板の含水率は、計測器によって簡単に測定することができます。計測器には、以下のような種類があります。

関連記事:含水率を計測する水分計の詳細を確認する

割れた一枚板の状態と補正方法について

一枚板は、板に含まれる水が周辺環境の乾燥によって、空気中に蒸発することによって割れや反りが発生します。実際に割れが発生した一枚板はどのような状況になるのかと、どのように補正を行なえばよいのかについて、以下のページでご紹介いたします。

関連記事:無垢の一枚板が割れるとどうなる?割れやすい樹種や補正方法

一枚板テーブルに利用される無垢材の種類

一枚板テーブルは、国産と輸入ものがありますが、主に次のような樹種の無垢材が使われています。アサメラ、アフリカンマホガニー、アメリカンブラックチェリー、イロコ、ウエンジ、ウォールナット、クス、クリ、クルミ、ケヤキ、サペリ、セン、タブ、タモ、トチ、ナラ、パドック、べリ、モンキーポッド。それぞれの無垢材の特徴について、以下にまとめていきます。

関連記事:一枚板に利用される材木の種類

一枚板関連リンク

一枚板比較では、一枚板購入前に知っておくと便利な基礎知識杢目の種類一枚板に利用される樹種の種類日本全国の一枚板販売店検索一枚板販売店訪問記についてまとめています。