アフリカンマホガニーの一枚板

一枚板テーブルの材料として利用されるアフリカンマホガニーの特徴についてのご紹介です。アフリカンマホガニーは、心材の色が淡桃色から濃赤褐色まである少し赤みを帯びた色が特徴的な材木です。心材が赤みを帯びた色なのに対して、辺材は淡黄褐色をしています。美しい杢目が特徴的な木材です。


特徴

アフリカンマホガニーの一枚板です。

学名

Khaya ivorensis

学名一覧

産地

西アフリカ、中央アフリカ

産地一覧

気乾比重

0.80

気乾比重とは

心材の色

淡桃褐色、濃赤褐色

心材とは

辺材の色

淡黄褐色

辺材とは


上記内容は、家具店一枚板専門店材木店、銘木店で得られた情報や、実際に購入した端材古材一枚板を手にした時の個人的主観でまとめている情報などが含まれております。木の種類についてより詳しい内容を知りたい場合は、市販の樹種事典を参考にされることをおすすめいたします。


アフリカンマホガニーの一枚板のご紹介は以上となります。次にをご紹介いたします。


木の種類

無垢材(一枚板古材端材)に利用される木の種類を外材唐木材国産材別に以下のページから確認できます。

木の種類

一枚板の種類

一枚板の種類には、杢目木の種類の2つの組み合わせが基準となってきます。それぞれの内容について、以下のページでまとめています。

一枚板の種類