楠(クス)の特徴

クス

クス

楠(クス)は、クスノキ科の広葉樹です。日本では、関東から南側の気候が暖かい地域や、台湾や中国などにも広く生息しています。楠木の楠という文字には、「南」という文字が含まれている通り、南に生息する木であることを意味しています。耐久性に優れているというメリットがありますが、乾燥時には縮み易い場合が多い無垢材でもあります。クスは、芳香がとても強い木であることから、虫の害を防ぐ効果があり、昔から衣装箱用の無垢材としても利用されています。離れた場所にいると特に臭いませんが、鼻をクスの無垢材の間近まで近づけて臭いをかぐとシップのような感じの薬のような香りがします。



基本情報

クスの基本情報です。

学名

Cinnamonum camphora 学名一覧

産地

日本、台湾、中国 産地一覧

気乾比重

0.52 気乾比重とは

心材の色

明るい黄褐色 心材とは

辺材の色

白に近い黄褐色 辺材とは

神代楠(神代クス)

楠には神代木が存在します。神代楠は、一枚板としてはあまりみかけることがありません。一枚板の購入を検討している際訪れたアトリエ木馬青山プレミアムギャラリーで神代楠の写真を撮影させてもらいました。楠の最大の特徴は香りです。詳細は、神代を紹介している以下のページでご紹介しています。

関連記事:神代の詳細

クスのご紹介は以上となります。次にクラロウォールナットをご紹介いたします。 関連記事:クラロウォールナット

一枚板の種類

一枚板テーブルとして販売される樹種は、大きく分けて海外から輸入される外材と、日本国内で伐採された国産材の2種類に分類されます。国産材は様々な美しい杢目が出て、表情がとても豊かな樹種が多いのに対して、ウォールナットなどの外材は、タンスや椅子など他の家具でも利用されている樹種であることから、インテリアとしての統一感を出しやすいということから人気が高いです。一枚板テーブルとして販売されている主な樹種について、以下のページでまとめています。

関連記事:一枚板に利用される無垢材の種類

一枚板人気ランキング

一枚板には沢山の樹種の種類があります。日本全国で一枚板を販売している店舗で取り扱われている一枚板樹種で在庫数が多いほど人気が高い事が言えます。実際に調査を行なってみたところ、ウォールナット一枚板として販売されている割合が最も高く全体の23.2%。続いて栃(トチ)が人気で7.3%。その次がブビンガで5.4%という割合となっています。

関連記事:一枚板で人気の種類は?日本全国の販売店にある在庫情報からランキング調査

一枚板関連リンク

一枚板比較では、一枚板購入前に知っておくと便利な基礎知識杢目の種類一枚板に利用される樹種の種類日本全国の一枚板販売店検索一枚板販売店訪問記についてまとめています。