初心者におすすめ一枚板テーブル購入時のチェックリスト

初めて一枚板テーブルを購入する際に、「何を基準に選べばよいか分からない。」と思う初心者の方のために、購入時のチェックリストをまとめてみました。一枚板を購入する初心者向けにまとめてみたのですが、一枚板を市場などから仕入れるチェックリストともしかしたらあまり変わらないのかな?とも思っています。一枚板テーブルを購入する際の参考情報としてご活用ください。



一枚板テーブル購入時のチェックリスト

一枚板テーブル購入時のチェックリストをまとめています。

希望のサイズは?

一枚板テーブルを購入しに店舗へ足を運ぶと、店舗スタッフの方に100%聞かれる質問が、希望のサイズです。家族で食事をするダイニングテーブルを購入する際には、奥行きが90センチ以上必要なのと、仕事用でパソコンを置くカウンターデスクとして利用するためには、モニターとキーボードを無理なく操作するためには奥行きが60センチは必要です。あとは、一枚板テーブルを配置する部屋の大きさにあった横幅を決めます。一枚板の厚みは、大体6センチ前後ぐらいで販売されているのがほとんどです。あまり薄すぎると、反りが発生する危険性が高まるので、厚さは6センチ前後を選ぶのがおすすめです。

希望の樹種は?

初心者だと、希望の樹種は?と質問されてもほとんど答えられる方がいないと思います。私も初めて一枚板テーブルを購入しに様々な店舗を訪問した際、希望する樹種の質問をされても何も答えることができませんでした。初心者であれば、まずは人気樹種を把握した上で、一枚板にはどのような種類の樹種があるのかを把握するのがおすすめです。一枚板テーブルとして人気の樹種については、以下のページでまとめています。

関連記事:一枚板で人気の種類は?日本全国の販売店にある在庫情報からランキング調査

どこで買うのか?

一枚板テーブルは、店舗ショールーム、インターネット通販で購入することができます。ダイニングテーブルや仕事用のカウンターテーブルとして一枚板を購入する際には、極力実物を確認してから購入した方が無難です。一枚板は、家具店、一枚板専門店、材木店、銘木店にて購入する事ができます。それぞれの違いについては、以下のページでまとめています。

関連記事:どこで購入する?一枚板を購入できる場所とそれぞれの特徴と価格

反っていないか?

一枚板テーブルは、テーブルの表面を撫でたり、横から見ることで反っているか?反っていないか?を確認することができます。価格が安い水平計を利用すれば確実に水平を確認することができますが、インターネットを通じて一枚板テーブルを購入する際には、必ず購入もとの店舗に反りやねじれが発生していないかの確認を行う必要があります。

関連記事:反りや割れが発生しない一枚板の見分け方

木目(柾目)が詰まっているか?

一枚板は、木目(柾目)が細かく密に詰まっているほど、ねじれや反りが発生しません。反りや割れが発生し難い一枚板と、反りや割れが発生し易い一枚板の比較について以下のページにまとめています。

関連記事:反りや割れが発生しない一枚板の見分け方

木目(柾目)が真っ直ぐか?

一枚板は、木目(柾目)が真っ直ぐであればあるほど、ねじれや反りが発生しません。反りや割れが発生し難い一枚板と、反りや割れが発生し易い一枚板の比較について以下のページにまとめています。

関連記事:反りや割れが発生しない一枚板の見分け方

複雑な杢目の一枚板は、木目のバランスが取れているか?

一枚板の杢目はとても魅力的です。杢目は主に板目と呼ばれる箇所に発生しますが、一枚板において板目は反りなどの変化が発生しやすい場所でもあります。一枚板を購入する際には、板目、柾目のバランスを見ながら、反りや割れが発生し難い一枚板を選ぶのが無難です。

関連記事:反りや割れが発生しない一枚板の見分け方

含水率は15%以下か?

購入する一枚板の含水率は、必ず15%以下で無くてはなりません。0%に近ければ近いほど、購入する一枚板テーブルは、割れや反りが発生するリスクが少なくなります。含水率が15%以下でなくてはならない理由については、以下のページでまとめています。

関連記事:一枚板の含水率の理想値と反りや割れが発生する原因

高周波プレス機による人工乾燥が行なわれているか?

一枚板は自然乾燥によって、飽水状態生材状態繊維飽和点気乾状態を経て含水率が15%以下となるのが理想値です。含水率は値が低ければ低いほど、一枚板の反りや割れは発生し難いとされており、低温式人工乾燥、高周波プレスの工程を経ることで、含水率を5%まで下げることができます。

関連記事:反りが発生しない安定した一枚板に必要な高周波プレス機

節は無いか?

一枚板の節は必ずと言ってよいほど割れます。木表や木裏にある節よりも木口にある節は、一枚板が縦もにも横にも割れる危険性があるため、特に危険です。

関連記事:反りや割れが発生しない一枚板の見分け方

一枚板購入時の基礎知識

一枚板が通常の家具と大きく違う点は、無垢材で出来ているということです。無垢材で出来ているという事は、割れや反りなどが発生する可能性があり、その変化も楽しめることが、通常の家具と異なる一枚板の特徴でもあります。割れたり反ったりした場合、修理してくれる家具店や一枚板専門店もありますが、もともと工務店などに対して一枚板を販売しているような材木店や銘木店は、「一枚板は、必ず変化するもの。」という前提条件のもと小売販売を行なう店舗も沢山あります。一枚板を購入するということは、割れや反りが発生するものという点を必ず理解した上で、購入する事がとても大切になってきます。自然のままの素材である無垢材で出来た一枚板は、「触れたり眺めたりすると自然のパワーを感じる。」という方もいれば、「世界にたった一つしかない完全オリジナルな家具。」という点に魅力を感じる方も多くいます。でも、そんな魅力的な一枚板を実際に購入しようとすると、「どこで購入できるのだろう?」、「どんな種類があるんだろう?」、「含水率って何?」、「割れや反りが発生しない一枚板って無いの?」、「価格が安い無垢材から自ら塗装まで仕上げられないの?」といった沢山の疑問が出てきます。一枚板を購入する側の立場で、いろいろと疑問に思った事などを自らの体験談をもとに、一枚板購入前の基礎知識としてまとめてみました。

関連記事:一枚板購入前に知っておくと便利な基礎知識

一枚板関連リンク

一枚板比較では、一枚板購入前に知っておくと便利な基礎知識杢目の種類一枚板に利用される樹種の種類日本全国の一枚板販売店検索一枚板販売店訪問記についてまとめています。