黒檀の種類

黒檀の種類

黒檀の種類

黒檀の種類は、カキノキ科カキノキ属の中に含まれるインド黒檀(真黒・本黒檀)、セイロンエボニー(真黒・本黒檀)、青黒檀(本黒檀)、カメルーンエボニー(真黒)、マダガスカルエボニー(真黒)、縞黒檀カリマンタンエボニーアマラ黒檀ブラックアンドホワイトエボニー(斑入黒檀)琉球黒檀(八重山黒檀)と、マメ科に含まれるアフリカンブラックウッドに分類されてきます。整理すると以下の内容となります。



カキノキ科カキノキ属の黒檀

カキノキ科カキノキ属の中に含まれる黒檀の種類は、以下の通りとなります。

インド黒檀(真黒・本黒檀)

インド黒檀(真黒・本黒檀)

インド黒檀(真黒・本黒檀)

インド黒檀は、黒檀の中でも最高級の種類になります。国内では真黒、本黒檀とも呼ばれる真っ黒な黒檀になります。通称セイロンエボニー、イーストインディアンエボニーとも呼ばれています。原産地はインドやスリランカで、自然界においては全長が15メートルから25メートル、直径が3メートルから6メートルに成長する木をいう記載があります。

関連記事:インド黒檀(真黒・本黒檀)

セイロンエボニー(真黒・本黒檀)

セイロンエボニーは、インド黒檀と同じく本黒檀の仲間に入るカキノキ科カキノキ属の仲間です。インド黒檀との違いはほとんど無く、「セイロン」と名が付く黒檀の通り、スリランカにあるセイロン島原産の黒檀になります。インド黒檀と同様に本黒檀、真黒と呼ばれる希少価値がとても高い黒檀になります。

関連記事:セイロンエボニー(真黒・本黒檀)

青黒檀(本黒檀)

青黒檀(本黒檀)

青黒檀(本黒檀)

青黒檀は、タイ原産のとても珍しい黒檀です。原木を入手する事は現状とても難しく、商品として市場に出回っているのは箸やボールペン、キーホルダーなどのアクセサリー類がメインとなります。海外の文献上もあまり情報がなく、成長がとても遅く小さな樹種というような記載ぐらいしかありません。青黒檀に青が付く理由は、製材時に切り落として空気に触れた面が青緑がかって見えるためです。写真は、現在私の手元にある青黒檀の原木です。原産地のタイでは、青黒檀の天然木の伐採が禁止されているため、現状国内で流通している青黒檀は極わずかとなっています。写真は端材として購入してみた青黒檀の原木の一部です。

関連記事:青黒檀(本黒檀)

カメルーンエボニー(真黒)

カメルーンエボニー(真黒)

カメルーンエボニー(真黒)

カメルーンエボニーは、カメルーン、ナイジェリア、マダガスカルを中心としたアフリカ全土に生育しています。カメルーンエボニーは、ワシントン条約のCITESⅡに登録されている樹種のため、アフリカ政府が許可を出さない限り輸出入の取引ができない付属書登録された樹種になっています。日本国内に真黒の黒檀として流通している種は、現状本種のカメルーンエボニーになります。写真は、現状私の手元にあるカメルーンエボニー(真黒)を撮影したものになります。自然界においては、全長15メートルから18メートル、直径が1メートルから6メートルまで成長するとの記載があります。

関連記事:カメルーンエボニー(真黒)

マダガスカルエボニー(真黒)

マダガスカルエボニーは、アフリカマダガスカル原産の黒檀です。マダガスカルに生息する動植物は絶滅危惧種に該当する種類が多く、マダガスカルエボニーはワシントン条約のCITESⅡに該当する種類です。CITESⅡとはワシントン条約附属書の中では2番目に厳しい条約で、原産国のマダガスカルの許可が得れれば、国外への輸出ができる種類になりますが、黒檀に限らず爬虫類等の動植物含めて、CITESⅡレベルの生き物がマダガスカル以外の国に輸出される事は極めて稀です。ちなみにCITESⅠになると、国際間取引が完全にNGとなる生き物になってくるため、研究目的など以外の商用取引目的での流通がなされる事はありません。マダガスカルのCITESⅡは、CITESⅠに限りなく近い条約とみてよいと思います。マダガスカル原産の爬虫類を昔から飼育している関係で、ワシントン条約については少し知識があります。

関連記事:マダガスカルエボニー(真黒)

縞黒檀

縞黒檀

縞黒檀

縞黒檀は、現在非常に珍しく貴重になった黒檀の一枚板として流通する事が多い黒檀です。通称マカッサルエボニーと呼ばれ、日本国内ではカリマンタンエボニーとしても流通していますが、実際に縞黒檀とカリマンタンエボニーを購入して比較してみると、カリマンタンエボニーとして流通している種類の方が濃い縞模様が出ている事が多いです。実際にはどちらも縞黒檀で、流通させる際に色合いを見て分別しているのかもしれません。縞黒檀は、インドネシアにあるスラウェシ島原産が有名です。黒檀は成長するのにとても長い時間をかけてゆっくりと成長するのと、あまり大きくならない木であると記載されていることが多くあります。現地の成長記録を確認してみると、高さが15メートルから20メートルで、直径は最長で4メートルというような記載が見受けられます。縞黒檀は、縞杢と呼ばれる杢目が有名です。

関連記事:縞黒檀

カリマンタンエボニー

カリマンタンエボニー

カリマンタンエボニー

カリマンタンエボニーは、縞黒檀の仲間になります。原産地は、インドネシアのカリマンタン島になります。日本国内の流通において、縞黒檀とカリマンタンエボニーは同種として扱われることがありますが、縞黒檀の原木とカリマンタンエボニーの原木を比較してみると、カリマンタンエボニーの方が心材の色が褐色で、縞模様もはっきりしている種類が多いように感じます。また縞と縞の間の間隔も広く離れています。実際に縞黒檀とカリマンタンエボニーを比較した写真をご紹介します。

関連記事:カリマンタンエボニー

アマラ黒檀

アマラ黒檀は、ミャンマー、マレーシア、タイ、カンボジア、ベトナム、インドネシア、フィリピンなど東南アジアを中心に生息しています。黒檀の仲間の中では全長高く成長する木で、海外の文献を読んでいると35メートルの高さまで成長するとの記載があります。心材は、黒色と赤茶色の縞模様が特徴で、辺材は赤みを帯びた茶色をしています。

関連記事:アマラ黒檀

ブラックアンドホワイトエボニー(斑入黒檀)

ブラックアンドホワイトエボニー(斑入黒檀)

ブラックアンドホワイトエボニー(斑入黒檀)

ブラックアンドホワイトエボニーは、斑入黒檀とも呼ばれ白と黒の幾何学模様が大変美しい樹種になります。白と黒の境界線はとても明確で、まるで白い紙に黒い筆を使って墨を描いたような模様をしています。自然界においては、黒檀の種類の中では最も大きく成長する種類で、全長は最大35メートルという記載があります。ただし、直径はあまり大きくならず、成長しても最大で3メートルまでとの記載が海外の文献には記載されています。写真は私の手元にあるブラックアンドホワイトエボニーの写真になります。とても興味深い黒檀です。

関連記事:ブラックアンドホワイトエボニー(斑入黒檀)

琉球黒檀(八重山黒檀)

琉球黒檀は、日本国内における唯一のカキノキ属、カキノキ科に属する黒檀です。八重山黒檀とも呼ばれ、日本国内での生息地は鹿児島県、沖縄県です。現地では、クルチの愛称でも親しまれています。沖縄では三線の棹の材料として乱獲されたため、絶滅保護種に指定されています。琉球黒檀の種や苗が4000円前後ぐらいの価格で流通することがあります。端材は沖縄現地の三味線店にて、文鎮などの材料として500円前後の価格で販売されています。

関連記事:琉球黒檀(八重山黒檀)

マメ科の黒檀

マメ科の中に含まれる黒檀の種類は、以下の通りとなります。

アフリカンブラックウッド

アフリカンブラックウッド

アフリカンブラックウッド

アフリカンブラックウッドは、見た目がカキノキ科カキノキ属の仲間のように見えるのですが、アフリカ原産のマメ科の仲間になります。見た目の雰囲気や色合いは、種類にもよりますが縞黒檀に近い印象です。ワシントン条約の付属書Ⅱに所属する樹種になりますが、比較的入手し易いです。自然界では、高さ6メートルから9メートル、幅は60センチから大きくても1メートルとかなり小さな木であることが海外の文献には記載されています。

関連記事:アフリカンブラックウッド

マメ科の仲間、カキノキ科カキノキ属の仲間、エボニーの仲間、黒檀の仲間を一覧で分類すると、以下の内容になります。

関連記事:黒檀の分類

黒檀

黒檀とは、マメ科の仲間のアフリカンブラックウッドと、カキノキ科カキノキ属の広葉樹の中に分類されるインド黒檀(真黒・本黒檀)、セイロンエボニー(真黒・本黒檀)、青黒檀(本黒檀)、カメルーンエボニー(真黒)、マダガスカルエボニー(真黒)、縞黒檀カリマンタンエボニーアマラ黒檀ブラックアンドホワイトエボニー(斑入黒檀)琉球黒檀(八重山黒檀)が該当します。一枚板として日本国内で流通している黒檀は、縞黒檀がメインです。一枚板として販売されている黒檀は、縞黒檀の事を示している事が多いです。黒檀はとても成長が遅く、大きくならない木であることと、乱獲されワシントン条約や国の絶滅保護種指定がなされているため、一枚板として使えるような長さ、幅、厚さがある黒檀が数多く流通する事はほとんどありません。そして、数多くある様々な樹種の中でも気乾比重の値がとても高く、実際に持ち上げてみると木とは思えないような重さです。私自身は、普段全長2メートル26センチ、幅70センチ、厚さ10センチの貴重な黒檀の一枚板を仕事用のデスクとして利用しているのですが、大人4人でギリギリ持ち上げられるような重さです。希少な黒檀について、現在手元にある原木の写真も織り交ぜながら、黒檀の仲間を種類別にまとめて整理してみたいと思います。

関連記事:黒檀


一枚板の種類

一枚板テーブルとして販売される樹種は、大きく分けて海外から輸入される外材と、日本国内で伐採された国産材の2種類に分類されます。国産材は様々な美しい杢目が出て、表情がとても豊かな樹種が多いのに対して、ウォールナットなどの外材は、タンスや椅子など他の家具でも利用されている樹種であることから、インテリアとしての統一感を出しやすいということから人気が高いです。一枚板テーブルとして販売されている主な樹種について、以下のページでまとめています。

関連記事:一枚板に利用される無垢材の種類

一枚板人気ランキング

一枚板には沢山の樹種の種類があります。日本全国で一枚板を販売している店舗で取り扱われている一枚板樹種で在庫数が多いほど人気が高い事が言えます。実際に調査を行なってみたところ、ウォールナット一枚板として販売されている割合が最も高く全体の23.2%。続いて栃(トチ)が人気で7.3%。その次がブビンガで5.4%という割合となっています。

関連記事:一枚板で人気の種類は?日本全国の販売店にある在庫情報からランキング調査

一枚板関連リンク

一枚板比較では、一枚板購入前に知っておくと便利な基礎知識杢目の種類一枚板に利用される樹種の種類日本全国の一枚板販売店検索一枚板販売店訪問記についてまとめています。