世界の優良銘木展示場、梶本銘木店研修会の様子
欅、杉、桧の巨大な一枚板
高さ8メートルを越える巨大な秋田杉の一枚板
床柱、大黒柱
大黒柱
北山杉絞丸太の展示室
高く積み上げられた乾燥中の一枚板
Arrow
Arrow
Shadow
Slider

新木場にある梶本銘木店新木場本社「世界の優良銘木展示場」を訪問してきました。梶本銘木店はとても歴史がある銘木店であると同時に、新木場の本社は世界の優良銘木展示場が併設されるほど、もの凄い広大な敷地に世界の銘木があります。梶本銘木店が創業したのは昭和10年で、日本ではなく中国北京が発祥の地です。戦後の昭和22年に東京都江東区深川富岡町にて、(株)梶本銘木店が開業し、(株)東京新建材社の新規設立や、江戸川営業所、千葉営業所、練馬営業所、成田営業所などの設立を経て、昭和55年に現在の新木場に本社が移転してきたそうです。梶本銘木店新木場本社敷地内は、1階工場北山杉絞丸太茶室「木楽庵」、2階が珍しい水車板なども販売されている端材コーナー、3階に一枚板、座卓、床柱、自然木などの販売フロアがあります。実際に一枚板の購入検討をしながら、梶本銘木店新木場本社を訪れてきた様子をまとめてみたいと思います。

店内の様子

梶本銘木店新木場本社は、1階2階3階のフロアに分かれています。それぞれの様子は以下の通りとなります。

1階

高く積み上げられ乾燥中の一枚板

高く積み上げられ乾燥中の一枚板

梶本銘木店新木場本社の1階には、工場北山杉絞丸太茶室「木楽庵」があります。それぞれを訪れながら撮影してきた店内の様子については、以下のページでまとめています。

関連記事:梶本銘木店新木場本社1階(工場、北山杉絞丸太、茶室「木楽庵」)の様子

2階

端材コーナー

端材コーナー

梶本銘木店新木場本社の2階には、珍しい水車板なども販売されている端材コーナーがあります。実際に様々な端財を購入しながら、店内の様子を撮影してきました。詳細については、以下のページでまとめています。

関連記事:梶本銘木店新木場本社2階(端材売り場)の様子

3階

梶本銘木店新木場本社3階一枚板展示販売コーナー

梶本銘木店新木場本社3階一枚板展示販売コーナー

梶本銘木店新木場本社の3階では、一枚板、座卓、床柱、自然木などが販売されています。3階フロア全体が世界の優良銘木展示場となっており、銘木の数々を見ながら、実際に購入することもできます。一枚板の購入検討をしながら、店内の様子を撮影してきました。詳細については、以下のページでまとめています。

関連記事:梶本銘木店新木場本社3階(一枚板、座卓、床柱、自然木売り場)の様子

研修会

世界の優良銘木展示場、梶本銘木店研修会の様子

世界の優良銘木展示場、梶本銘木店研修会の様子

銘木ならなんでも揃う東京新木場の梶本銘木店。端材や一枚板を購入させていただきながら、奥が深い木についての知識を深めたく何度も訪問しながら、様々な情報を習得させていただいています。以前から梶本銘木店にて、研修が開催されている事は知っていたのですが、「もしよかったら参加されます?」っとお声掛けいただき、東京農業大学地域環境科学部森林総合科学科造林学研究室の大学生の皆様と一緒に、「銘木について」がテーマの研修会に参加させていただきました。詳細は以下のページでまとめています。

関連記事:世界の優良銘木展示場、梶本銘木店の研修会に参加

材木店と銘木店の違い

一枚板を購入しようと思った際、家具屋や一枚板専門店へ最初は足を運ぶ人が多いのではないかと思うのですが、材木店や銘木店でも一枚板の販売をしています。家具店、一枚板専門店、材木店、銘木店それぞれの価格や特徴についての違いについては、様々なお店に足を運びながら個人的に感じた点についてまとめています。

関連記事:どこで購入する?一枚板を購入できる場所とそれぞれの特徴と価格

でも、「材木店と銘木店の違いは一体なんなんだ?」と思った時期があり、ただ単純に「銘木店は、いわゆる銘木のみを販売しているお店なのか?」と思っていたら、どうもそうではないようです。まだ十分把握できていないところもありますが、材木店と銘木店の違いについては、以下のページでまとめています。

関連記事:材木店と銘木店の違い

アクセス情報

梶本銘木店新木場本社は、新木場駅から徒歩5分ぐらいの場所にあります。新木場駅から梶本銘木店新木場本社までのアクセス方法については、以下の通りとなります。

関連記事:新木場駅から梶本銘木店新木場本社への行き方

新木場で一枚板が購入できるお店

木材の町、新木場。沢山の材木屋や銘木屋があるのですが、どこのお店に足を運んだら一枚板が購入できるのかイマイチよく分からなかったので、実際現地に足を運び、一枚板を購入できる店舗を確認してきました。新木場で一枚板を販売する店舗の多くが、高く桟積みされた状態で一枚板を販売している店舗が多いため、一枚板を購入しに新木場へ訪れる際には、あらかじめ訪問する店舗に、希望の樹種、サイズを伝えておいた方が、ジックリと希望の一枚板を選定することができます。

関連記事:新木場で一枚板が購入できるお店


一枚板販売店訪問記

一枚板販売店訪問記では、実際に訪れた一枚板を販売している家具店一枚板専門店材木店・銘木店についての情報をまとめています。実際に様々な店舗を訪れたり、インターネットを通じて一枚板を購入してみるとなぜか感じるのが、販売店によって一枚板に特徴があるという点です。その特徴が具体的に何なのか?という点を分かりやすく説明するのは難しいのですが、一枚板を販売する気持ちや想いの特色が、一枚板に乗り移っているような感覚が私にはあります。一枚板は唯一無二な全てが一点モノの無垢材という点は、一枚板を販売する世界中にあるお店に共通する点ですが、訪れる店舗によってそのお店の特徴が出るのは、一枚板を仕入れたり、作り上げたり、販売したりする人の気持ちや考え、方針の違いのためなのだと思います。本ページは、一枚板を購入する側の立場で、実際に訪れた店舗にて、写真撮影をさせていただいております。お店に訪れる前の雰囲気の確認などでご活用ください。

関連記事:一枚板販売店訪問記