自ら一枚板を仕上げたい場合は材木店・銘木店がおすすめ

材木店・銘木店は、天然の木材を格安で販売している店舗になります。一枚板専門店や家具店で販売されているようなウレタン塗装までの仕上げに至っていない天板が格安で販売されています。材木店・銘木店の利用については、天板無垢材の購入を行い、自ら削ったり、塗装を行なったりすることを前提としている方が、一枚板を購入するのに適したショップです。ただし、全て自ら実施しなくてはならないため、ダイニングテーブルで利用するような幅90センチ以上、長さ150センチ以上となるような天然の原木から切り出された天板を自ら並行が出るまで削るのは至難の業です。材木店で・銘木店大きめの天板を購入する際には、自ら仕上げることが実施できるのかを購入先の材木店・銘木店に確認した方が無難です。折角購入したのに、自ら仕上げることができずに、材木店・銘木店に再度天板を送って、削ってもらうというような事象が発生してしまいます。また材木店・銘木店の中でも自社にて、塗装まで仕上げて製品化しているような企業も国内の材木店・銘木店を端から端まで見ているとあります。このような材木店・銘木店の場合は、一括りくくりとして本サイト上ではまとめています。特にこのような店舗は、岐阜県で多くみかけます。



材木店と銘木店の違い

一枚板の購入を検討する際、インターネットで検索を行なうと材木店、銘木店でも一枚板の購入ができる事を確認できます。普段一枚板の買い物をしない限り、材木店や銘木店とのコンタクトを取る機会もないため、材木店と銘木店は同じだろうと考えてしまいますが、材木店と銘木店は、まったく別ものになります。また、銘木店だから銘木しか販売していないというように捉えてしまう方もいるかと思いますが、それも異なります。銘木店の老舗、梶本銘木店新木場本社を訪れた際に、材木店と銘木店の違いについて確認してきました。
関連記事:材木店と銘木店の違い

なぜ材木店・銘木店の一枚板は安いのか?

材木店・銘木店の一枚板が安い理由は、山もしくは市場から直接材木を購入して販売しているため、中間マージンが発生していないという点や、無垢材のままで販売されていたり、プレーナーやサンダーでの仕上げまでしか行なわれていないためとなります。つまり、一枚板専門店で販売されているようにウレタン塗装までシッカリと仕上がった完成品ではなく、途中までの仕上げ状態で、最終的な仕上げは自ら実施したり、工務店に依頼を行なうような状態で販売されている事が多くあります。また、材木店・銘木店によっては未乾燥の状態で販売されている一枚板もあります。良心的な店舗であれば、サイト上に未乾燥である記載がされている事が多く、購入にあたっては写真や実物を確認してから購入して欲しいということが記載されています。材木店・銘木店で一枚板を購入する際のメリット、デメリットをまとめると以下の通りとなります。

関連記事:材木店・銘木店で一枚板を購入する際のメリット、デメリット

材木店・銘木店で一枚板を購入する際のポイント

材木店・銘木店で一枚板を購入する際のポイントを箇条書きでまとめると以下のような内容となります。

  • 山や市場から直接仕入れて販売しているため価格が安い。
  • 天然のままの無垢材をそのままの状態で販売している場合は、加工されていないためなおさら安い。
  • 価格が安いからと直ぐに購入してしまうと、手元に届いた一枚板の表面や辺材部分が汚れていたり、ボロボロな場合がある。
  • 辺材部分は自らサンダーで削って綺麗にすることができるけれど、幅が広い無垢材の表面を自ら削って並行を出すのは至難の技。
  • 無垢材の一枚板を購入して納品後、直ぐに利用したい場合は、材木店・銘木店でプレーナーやサンダーなどで仕上げ加工が完了している状態なのかを注文前に材木店・銘木店へ確認する必要がある。
  • プレーナーによる加工、オイル塗装、ウレタン塗装、反り止め加工など様々な加工依頼を依頼するとその分、価格が上乗せされる。
  • とにかく一枚板の購入価格をおさえつつも、表面の加工までは材木店・銘木店に依頼し、辺材の仕上げや塗装は自ら実施したいなどDIYとして一枚板を購入する際には材木店・銘木店がおすすめ。
  • 今すぐ使える状態まで完成した一枚板テーブルをちゃんと目視確認して、一枚板を購入したい場合は、家具店や一枚板専門店での購入となってくる。

材木店・銘木店で一枚板を購入する際のメリット、デメリット

材木店・銘木店で一枚板を購入する際の魅力は、価格が安いという点です。ただし、価格が安ければ安いほどデメリットとなるポイントも隠されていたりもします。実際に材木店・銘木店から様々な一枚板を購入してきて感じたメリット、デメリットについて以下にまとめます。

関連記事:材木店・銘木店で一枚板を購入する際のメリット、デメリット

「自ら一枚板を仕上げたい場合は材木店・銘木店がおすすめ」についてのご紹介は以上です。次に「新築にあわせて一枚板をオーダー購入する際には工務店がおすすめ」についてご紹介いたします。

関連記事:新築にあわせて一枚板をオーダー購入する際には工務店がおすすめ

一枚板を購入できる場所とそれぞれの特徴と価格

一枚板を購入する際、初心者だと真っ先に脳裏に浮かぶのが家具屋や一枚板専門店です。インターネットでも注文することができますが、一枚板の購入検討を行ないながら様々なサイトや店舗を見ていると気になるのが、価格の差がものすごい大きいという点です。様々な家具店や一枚板専門店へ実際に足を運び、一枚板を目の当たりにしながら購入してきたのと、インターネットを通じて価格が安い一枚板を実際に注文してみた立場でいろいろな気づきがありました。詳細については、以下のページでまとめています。

関連記事:どこで購入する?一枚板を購入できる場所とそれぞれの特徴と価格


一枚板購入時の基礎知識

一枚板が通常の家具と大きく違う点は、無垢材で出来ているということです。無垢材で出来ているという事は、割れや反りなどが発生する可能性があり、その変化も楽しめることが、通常の家具と異なる一枚板の特徴でもあります。割れたり反ったりした場合、修理してくれる家具店や一枚板専門店もありますが、もともと工務店などに対して一枚板を販売しているような材木店や銘木店は、「一枚板は、必ず変化するもの。」という前提条件のもと小売販売を行なう店舗も沢山あります。一枚板を購入するということは、割れや反りが発生するものという点を必ず理解した上で、購入する事がとても大切になってきます。自然のままの素材である無垢材で出来た一枚板は、「触れたり眺めたりすると自然のパワーを感じる。」という方もいれば、「世界にたった一つしかない完全オリジナルな家具。」という点に魅力を感じる方も多くいます。でも、そんな魅力的な一枚板を実際に購入しようとすると、「どこで購入できるのだろう?」、「どんな種類があるんだろう?」、「含水率って何?」、「割れや反りが発生しない一枚板って無いの?」、「価格が安い無垢材から自ら塗装まで仕上げられないの?」といった沢山の疑問が出てきます。一枚板を購入する側の立場で、いろいろと疑問に思った事などを自らの体験談をもとに、一枚板購入前の基礎知識としてまとめてみました。

関連記事:一枚板購入前に知っておくと便利な基礎知識

一枚板関連リンク

一枚板比較では、一枚板購入前に知っておくと便利な基礎知識杢目の種類一枚板に利用される樹種の種類日本全国の一枚板販売店検索一枚板販売店訪問記についてまとめています。