神代の特徴

神代

神代

神代とは、はるか何千年も昔、火山の噴火などによって地中に埋められてしまっていた埋もれ木の名称です。数少ない貴重な銘木として、神代木とも言われています。中には火山灰だけでなく、川底に何千年も前から埋まっており、河川工事などによって掘り起こされることがあります。神代木は、端材、数珠、箸置き、花台、工芸品、高級建築、一枚板などの利用用途があります。なかでも神代の一枚板テーブルは、希少価値が高く贅沢な品物で、市場に出回ったとしても高額でない限りは直ぐに売約済みとなってしまうことが多くあります。通常販売されている神代木は、数千年前の噴火により火山灰に埋もれた木が多いですが、更に数万年埋もれた木は化石化し、石炭へと変化していきます。神代が掘りおこされる場所としてよく名前を聞く場所が秋田県と山形県の県境にある鳥海山と伊豆半島です。神代木の一枚板として市場に流通する材木は、化石化する前の状態となっています。



神代とは

神代杉

神代杉

神代とは、数千年前の火山の噴火で地中に埋もれた天然木が、果てしない年月をかけて地中の中で化石へと変化していく途中で掘り起こされた埋もれ木です。火山灰に埋もれた天然木は、年月の経過と共に灰褐色へと変化し、やがて化石化し石炭へと変化します。石炭とは、太古のはるか昔に、地中に埋もれた天然木が地熱と圧力のために分解され炭化した真っ黒な物質です。

神代とは、天然木の炭化が進行する過程において、石炭になる前に掘り起こされた木になります。通常神代とは、灰褐色の色をした木のことを呼びますが、一枚板として販売されている神代の中には、灰褐色までには至らず、天然木の色合いやが残るもの、灰色に近い茶褐色のもの、天然木の色合いを残しつつも、一部だけが炭化が進行し灰褐色になっているものなど種類は様々です。地中に埋もれた天然木が、数千年という長い時を経て、神代へと変化していく過程の木の色の移り変わりはイメージにすると、以下のような内容となります。神代から更に炭化が進行すると真っ黒な石炭になります。

地中に埋もれた天然木が神代へと変化する過程の色の変化

地中に埋もれた天然木が神代へと変化する過程の色の変化

以下は、2500年から2600年前に噴火した鳥海山の火山灰の中から掘り出された神代杉です。2500年以上、地中に埋もれていたにも関わらず、写真の通り木の状態が保たれています。

2500年から2600年前に噴火した鳥海山の火山灰の中から掘り出された神代杉

2500年から2600年前に噴火した鳥海山の火山灰の中から掘り出された神代杉

茶神代

茶色っぽい無垢材の色味が残る神代。

黒神代

地中での炭化が進み黒味が強くなった神代。地中に埋まっている期間が長ければ長いほど、炭化が進みやがて真っ黒な石炭になることから、希少価値としては黒神代の方が高いようです。

由来

神代とは「神」と「代」の文字の組み合わせのため、神の代わりとなる木というように捉える方もいるようですが、正式な名前の由来は、「神代(かみよ)の昔から眠りつづけている」という意味です。

魅力

赤身は黒く変色し白太が残る神代杉

赤身は黒く変色し白太が残る神代杉

鳥海山ではよく神代が発見され、加工された一枚板が市場に出回っていますが、その多くが2500年前の噴火時に火山灰に埋もれていたと言われています。神代の魅力といえば、はるかかなた昔の太古の時代を経て現在に至るという点と、人工的には作り出すことができない偶然が生み出す渋みのある灰色です。何千年もの間、腐ることなく、化石化することもなく掘り起こされた神代はとても貴重です。

種類

神代には、神代杉、神代欅、神代楢、神代栗、神代桂、神代佛などの種類があります。どの種類も大変希少性が高く、長い年月と共に希少価値は高まっていきます。神代木の多くは、火山灰に埋もれていることが多く、木の無垢感を残しつつも、一部が黒褐色に変色しているものや、全体が灰色がかった色をしている事が多くあります。屋久杉などを除き、国産の銘木の多くが、直径90センチぐらいのサイズになるのに、200年ぐらいの年月がかかってくるのが一般的ですが、神代木は1000年前、2000年前、3000年前と更に長い年月、空気に触れない地中に埋もれていたにも関わらず、掘り起こすと呼吸を開始し、年月の経過と共に色味が変わっていくのも、神代木の楽しみの一つです。

神代杉(神代スギ)

神代杉(神代スギ)

神代杉(神代スギ)

神代杉は、地中深くから掘り起こされた杉の樹種になります。青黒かったり、黒に近い灰色をしていたり、一部は杉の無垢材本来の色に近い状態を残しつつも、一部が黒味がかった個性的な一枚板があります。ただし、神代の中でも一部分が変色したような木材は、ほとんど見かける事がなく、数の多さという点においては非常に希少価値があります。杉は、産地名が付いた秋田杉、吉野杉、日光杉、天竜杉、霧島杉屋久杉などが有名です。気乾比重の値が低く、柔らかく扱い易いという反面、虫食いの跡などが付きやすく、中には複雑に複数の穴が開いたレンコン杉と呼ばれるような種類もあります。神代杉として流通する一枚板は、秋田県と山形県の境にある鳥海山原産のものが多いです。

関連記事:杉(スギ)の種類

神代欅(神代ケヤキ)

神代欅(神代ケヤキ)

神代欅(神代ケヤキ)

神代欅は、灰色がかったような黒いものから、一部は無垢な状態を残しつつも、一部が灰色に変色したような材質のものから、ほとんど無垢の状態に近いような色味を残しつつも深みがある色合いのものまであります。一枚板として人気が高いケヤキ。ケヤキは日本を代表する広葉樹です。一枚板として利用される無垢材はとても人気があります。人気の理由としては、杢目が綺麗という点があげられます。中でもケヤキの玉杢は有名で人気があり、杢目が美しいほど希少価値が高まります。ケヤキは人気の樹種で、数多くの一枚板が流通していますが、反りなどの変化が発生しやすいとされているため、一枚板として利用する際、変化を生じさせたくない場合は、十分に乾燥させたケヤキの木材を選定する必要があります。

関連記事:ケヤキの特徴

神代栗(神代クリ)

神代栗(神代クリ)

神代栗(神代クリ)

神代栗は、真っ黒な数珠、ペンや端材など、小さな小物用品用に利用されているのをよく見かけます。幅がある一枚板の神代栗は、珍しくなかなか手に入らないのですが、写真の神代栗は自宅で利用している神代栗の塗装前の状態を撮影したものとなります。大きさは240×45×6センチとなります。神代栗の柾目部分は、ゼブラウッドのような縞杢のような状態となり見ごたえがあります。臭いもゼブラウッドに似ていて、サンダーなどで削った後は、半月ぐらい臭いが漂います。栗は、木になる実が食用とされるため、日本全国に産地が分布しています。耐久性が強い木材としても有名なため、建材としても利用されています。

関連記事:栗の特徴

神代桂(神代カツラ)

神代桂(神代カツラ)

神代桂(神代カツラ)

神代桂は、一枚板としてはあまりみかけることがありません。桂の一枚板自体それほど多く見かける機会が多くないので、神代桂となってくるとなおさら貴重な材木になってくるのではないかと思います。桂の一枚板は、北海道産が有名です。

神代佛(神代タモ)

神代佛(神代タモ)

神代佛(神代タモ)

神代佛は、一枚板としてはあまりみかけることがありません。比較的、サイズが小さい端材としてみかけることが多いので、アクセサリー的な仕様用途の方が高いのかもしれません。佛は、バット、テニスラケット、スキー板など、スポーツ用品などによく利用される木材です。楢の杢目に似ていますが、楢よりも杢目の出方がハッキリしているのが特徴です。主な原産地は、日本、中国、ロシア、朝鮮半島などで、材質は国産とほとんど変わりが無い事から、価格が安い外材が利用されることが多くあります。写真の神代タモの写真は、自宅で利用している板を撮影してみました。タモ特有の玉杢が出ています。厳密にはこちらは、複数の玉杢が列を成して流れているので、玉流れになります。

関連記事:タモの特徴

神代楠(神代クス)

神代楠(神代クス)

神代楠(神代クス)

神代楠は、一枚板としてはあまりみかけることがありません。一枚板の購入を検討している際訪れたアトリエ木馬青山プレミアムギャラリーで神代楠の写真を撮影させてもらいました。楠の最大の特徴は香りです。加工されていない楠の端材で臭いをかぐと、シップのような少し鼻を突くような香りがします。そのため、天然の防虫作用(樟脳)があり、虫を寄せ付けないため、家具の材料として利用されてきています。神代楠も臭いがあるのですが、なんとも表現し辛いあえて表現するのならば昭和の古民家のような臭いです。楠は、国内の樹種の中でも30メートルを越えるような巨木になる種類で、神社仏閣などに植林され、信仰の象徴として古くから親しまれている木でもあります。

関連記事:クスの特徴

神代楡(神代ニレ)

神代楡(神代ニレ)

神代楡(神代ニレ)

神代楡は、神代杉ほどみかけませんが、一枚板としては比較的見かける機会が多い樹種です。楡はニレ科の木で、ニレ科の中にはケヤキ属が含まれていることもあり、欅(ケヤキ)と比較される事が多い樹種でもあります。木の種類にもよりますが、一枚板として流通する機会が多いニレの木を見ていると柾目が細かく、板目は欅(ケヤキ)ほど大きな杢目にならないことから、欅(ケヤキ)よりも安定感がある樹種のように感じることがあります。

神代楢(神代ナラ)

神代楢は、神代特有の灰褐色の色合いのものから、通常の楢の無垢材に近いような茶色がかった色合いに、少し灰色に近いような色がのったものまでみかけます。楢といえば虎斑です。虎斑とは、楢などのオーク材でよく見かける斑紋です。楢によく見受けられる班なのですが、板の柾目を横切るように伸びる帯状の班が、虎の毛並みにそっくりなことから虎斑と呼ばれている杢目です。別名、銀杢とも呼ばれています。楢は、ジャパニーズオークと呼ばれる北海道産が有名ですが、国内だと日本全国に産地は分布しています。海外から輸入される楢は、ロシアやモンゴル、中国の北側などが産地となっています。曲木の材料としても有名で、ワインやウイスキーの木樽の樽材としても利用されています。洋酒では、アメリカンオークやフレンチオークが有名ですが、北海道産の楢は良質な樽材として世界にも輸出されています。

関連記事:ナラの特徴

神代栃(神代トチ)

神代栃は、神代の中でもなかなか見かけない種類になります。栃は、白い色合いが強ければ強いほど、白栃という言葉があるように、希少価値が高まりますが、神代栃は何千年もの長い間、地中に埋もれていたころから、色合いはこげ茶っぽい色合いをしていることが多くあります。栃といえば、リップルマークと呼ばれる波状杢で有名な銘木です。長い年月地中の中で炭化が進むことによって、栃本来の白色は失われていきますが、杢目は神代になっても残り、黒神代になればなるほど更に美しい杢目が浮かび上がってくるのも特徴的です。神代栃は、端材であったとしても、現在は入手が難しいようです。

関連記事:トチの特徴

基本情報

神代の基本情報です。

学名

学名一覧

産地

日本 産地一覧

気乾比重

それぞれの樹種により異なる 気乾比重とは

心材の色

褐色 心材とは

辺材の色

濃い茶色 辺材とは

神代のご紹介は以上となります。次に榧をご紹介いたします。 関連記事:榧

一枚板の種類

一枚板テーブルとして販売される樹種は、大きく分けて海外から輸入される外材と、日本国内で伐採された国産材の2種類に分類されます。国産材は様々な美しい杢目が出て、表情がとても豊かな樹種が多いのに対して、ウォールナットなどの外材は、タンスや椅子など他の家具でも利用されている樹種であることから、インテリアとしての統一感を出しやすいということから人気が高いです。一枚板テーブルとして販売されている主な樹種について、以下のページでまとめています。

関連記事:一枚板に利用される無垢材の種類

一枚板人気ランキング

一枚板には沢山の樹種の種類があります。日本全国で一枚板を販売している店舗で取り扱われている一枚板樹種で在庫数が多いほど人気が高い事が言えます。実際に調査を行なってみたところ、ウォールナット一枚板として販売されている割合が最も高く全体の23.2%。続いて栃(トチ)が人気で7.3%。その次がブビンガで5.4%という割合となっています。

関連記事:一枚板で人気の種類は?日本全国の販売店にある在庫情報からランキング調査

一枚板関連リンク

一枚板比較では、一枚板購入前に知っておくと便利な基礎知識杢目の種類一枚板に利用される樹種の種類日本全国の一枚板販売店検索一枚板販売店訪問記についてまとめています。